田川亨介の出身高校や中学は?プレースタイルの特徴もまとめてみた!




2019年よりFC東京に移籍したサガン鳥栖のFW田川亨介選手は、日本代表としても活躍するだけではなく、2020年開催の東京オリンピック代表候補選手としても知られています。

サガン鳥栖時代から、得点王としても知られていたため、これからの活躍ももちろん、東京オリンピックでの活躍にも注目したいですね!

そんな田川亨介選手はいったいどんなサッカー選手なのでしょうか?

そこでここでは、田川亨介選手のプロフィールをはじめ、出身高校や中学校、プレースタイルなど様々な情報をご紹介します。

 

田川亨介のプロフィール

引用元:https://www.jleague.jp/player/1603090/#attack

  • 名前:田川亨介(たがわ きょうすけ)
  • 生年月日:1999年2月11日
  • 年齢:18歳
  • 出身地:長崎県諫早市出身.
  • 身長:181cm
  • 体重:70kg
  • ポジション:FW
  • 利き足:右(時に左も)
  • 学歴:諫早市立高来中学校から佐賀県立高志館高等学校へ進学
  • 所属チーム:サガン鳥栖
  • プレースタイル:敵を交わし、振り切るスピード感や躍動感のあるシュートが魅力的

田川亨介選手はまだあどけない6歳の頃からサッカーを始めています。

長身を活かし、さらに利き足は右足でありながらも時に左足も巧に利用しながらスピード感あるプレイをする素晴らしい選手です。

 

兄弟はいる?

田川亨介選手には、どうもお兄さんがいるようです。

しかも、兄弟揃いも揃ってイケメン!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kyosuke Tagawa/田川亨介さん(@tagawakyosuke)がシェアした投稿

それに、田川亨介選手のようにサッカー選手とまではいきませんが、お兄さんもサッカーをされているようです。

普段、サッカー選手とあってユニフォーム姿が定番ですが、やっぱりプロサッカー選手ともなればきっと私服姿もおしゃれなんでしょうね♪

 

田川亨介の家族はどんな家族?

田川亨介選手にはお兄さんがいること、そしてご両親の4人家族のようです。

その他の兄弟姉妹の情報はなかったので、きっと4人家族だと推定できます。

 

以前、Twitterのトップ画面は両親と一緒に映った画像だったのですが、今は違っているようです。

サガン鳥栖×横浜FCの試合にて、田川亨介選手がご両親から花束を受け取り、コメントする動画です。

田川亨介選手もご両親もとても笑顔の様子を見せています。

これを見ると、息子の活躍を応援する素敵な両親だと感じますね。

 

田川亨介の出身高校は?

田川亨介選手は、佐賀県立高志館高等学校の出身です。

男女共学校であり、

  • 園芸科学科
  • 環境緑地科
  • 食品流通科

のある、今も就職率100%だと言われる高校に通っていたようです。

 

そんな佐賀県立高志館高等学校の出身者は、他にもロンドン五輪・リオ五輪テコンドー日本代表の濱田真由選手がいます。

高校の部活動はアーチェリー部とボクシング部が有名で、サッカー部はそこまで大きな成績を残すチームではなかったようですね。

 

高校でのサッカー成績は?

(引用元:http://en-choice.com/jleague/279/)

田川亨介選手は6歳からサッカーを始め、雲仙アルディートFCに入団し、中学3年生まで活躍しているサッカー少年でした。

雲仙アルディートFCは、長崎県内において強豪クラブチームとしても有名です。

 

そんな地元のサッカークラブチームで練習を重ね、高い技術と実力を身に付けた田川亨介選手は中学3年生の時、「エリートトレセン」に参加したことがきっかけで多くのチームから高い評価を受け、一躍有名に!

 

その後、サガン鳥栖U-18に入団し、その後もU-17日本代表、そしてU-18日本代表にも選出されるなど、その実力の高さがうかがえますね!

サガン鳥栖U-18ではプレミアリーグ昇格に貢献するなど、チームに大きく貢献してきた人物です。

そして2017年にはトップチームに昇格し、川崎フロンターレ戦において途中投入をきっかけとし、プロデビューを果たしました。

 

その後、アルビレックス新潟戦において初得点!

クラブ史上最年少特典記録を更新し、さらに2017年U-20ワールドカップの日本代表にも選ばれるなど、多くの成績を持つ選手として知られています。

プロ1年目となる2017年は24試合に出場し、4得点という成績を残しています。

 

田川亨介の出身中学は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

sasamiさん(@sa_mi1345)がシェアした投稿

田川亨介選手の出身中学は、諫早市立高来中学校です。

全校生徒数は250名にも至らないとても小さな中学校のようです。

 

田川亨介のプレースタイルの特徴まとめ!

ここからは田川亨介選手のプレースタイルの動画を交えてご紹介します!

まずは、2018年のJリーグファーストゴールを決めた田川選手のかっこいいプレー動画です。

田川亨介選手のプレースタイルと言えば、50mを6.0秒で走るという猛スピードを活かし、そこに高速ドリブルが加わり、高さのある強靭な左足のシュートがすさまじいプレーであることは多くの方がご存知ではないでしょうか?

このシュートの技術を武器とし、スピード感あるプレーを披露しています。

 

また、相手チームを圧倒させる裏へ抜け出すポストプレーは田川亨介選手ならではと言っても過言ではありません。

ゴール前で自身がどのような動きをすべきか、イメージトレーニングを重ねるほどの実力派選手です。

スピードを活かしたプレーだけではなく、ポストプレーを研究し、技術・実力が伸び続ける田川亨介選手から目が離せませんね!

 

次は、とにかくプレースタイルがうますぎる動画!

とにかくプレースタイルがうますぎる!脚の速さも尋常じゃありません!

素人ながら見ていて興奮です。

実際の試合を生で見ていたら…。

もっと興奮するでしょうね。

得意の左足がお見事です!

 

まとめ

今回は、田川亨介選手について出身高校や中学、また、プレースタイルの特徴をまとめました。

田川選手はスピード感と躍動感溢れる個性的なプレイが魅力的な、とてもイケメン選手であることが分かりましたね。

きっとテレビの画面で見るより実物は遥かにかっこいいはずです。

そんな田川亨介選手の今後の活躍に期待したいですね!

Sponsored Link