【名古屋みなと祭花火大会2019】穴場スポット20選を総まとめ!




名古屋で「みなと祭花火大会2019」が7月18日に開催されます。

【名古屋みなと祭り花火大会】は、名古屋港を中心とし、連続した打ち上げ花火をはじめ、スターマインなど、たくさんの創作花火や芸術的な花火が夏の夜空に打ち上がります♪

 

そんな【名古屋みなと祭り花火大会】は、毎年30万人以上もの来場者が訪れるほどとても人気の花火大会です。

名古屋みなと祭り花火大会2019を訪れる際、ゆっくりと花火を楽しめる穴場スポットがあれば混雑を避けて楽しむことができますね♪

そこでここでは、【名古屋みなと祭花火大会2019】を楽しめる穴場スポットを20選ご紹介します。

 

2019年名古屋みなと祭花火大会の詳細

  • 開催日:7月18日
  • 時間:19:30〜20:30
  • 打ち上げ数:3000発
  • 場所:名古屋港ガーデンふ頭

 

名古屋みなと祭花火大会おすすめ穴場スポット20選!

ここからは、混雑を避けて名古屋みなと祭花火大会を楽しめるおすすめの穴場スポットを20選ご紹介します!

穴場スポットで存分に花火大会を楽しんで下さい♪

 

1.リリーハイツ港

名古屋の地元の人こそが行く穴場として有名です。

そのため、県外の方は少し迷ってしまうこともありますが、MAPを参考に名古屋港駅から徒歩4分というアクセスの良さにあるので、ぜひチェックしておいてくださいね♪

 

住所:愛知県名古屋市港区入船1丁目4−3

 

2.中川橋

(引用元:https://www.asahi.com/articles/photo/AS20160922001449.html)

築地口駅からすぐの場所にあり、みなと祭花火大会の花火をかなり近距離で楽しむことができます。

そのため、大迫力の花火を終始楽しめるだけではなく、人混みを避けてゆっくりと花火鑑賞できますよ♪

近くには屋台もあるため、お祭りムードをたっぷりと味わえるのでおすすめです!

 

住所:愛知県名古屋市港区中川本町7丁目1−27

 

3.国際留学生会館前の歩道橋

(引用元:https://www.pref.aichi.jp/kokusai/ryugakusei-portal/kaikan/index.html)

名古屋みなと祭花火大会の花火を遠目にゆっくりと見たい、雰囲気を味わいたいという方におすすめしたいのが、国際留学生会館前にある歩道橋です。

実際には会場から3駅離れた距離となるため、人混みは避けることはできますので、のんびり夏の花火を楽しめますよ♪

 

住所:愛知県名古屋市港区港栄2丁目2

 

4.名古屋港水族館前の緑地

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

名古屋港水族館のある南側に位置している緑地は、視界が広く、打ち上げられた花火を間近でしっかりと見ることができます。

花火大会が始まる時間までに良い場所を取っておく必要がありますが、夏の花火を満喫できる穴場スポットなのでおすすめです♪

 

住所:愛知県名古屋市港区港町1−3

 

5.バナナ埠頭

(引用元:http://bouzuatarimae.blog.fc2.com/blog-entry-201.html)

お祭りの屋台や雰囲気をたっぷり味わいたいという方は少し物足りなさを感じるかもしれませんが、花火だけを楽しみたいという方は、バナナ埠頭が意外とおすすめですよ♪

バナナ埠頭へは車でも電車でもアクセスの良い場所なので、人混みを避けたいカップルで賑わっています♪

 

住所:愛知県名古屋市港区築地町16

 

6.稲荷橋

(引用元:https://blog.goo.ne.jp/yuniverse/e/140eda02c1b40868181a9c16a869edb5)

みなと祭りの雰囲気だけではなく、花火をめいいっぱい楽しみたい、混雑を避けたいと思う方におすすめしたい穴場スポットが稲荷橋です。

稲荷橋は地下鉄名古屋駅からのアクセスも良く、お祭りムード満点の雰囲気や屋台も楽しむことができますよ♪

打ち上げ場所からも近距離ですが、なぜか混雑していない不思議な穴場スポットなんです♪

 

住所:愛知県名古屋市港区千鳥2丁目9−25

 

7.つどいの広場

(引用元:https://note.mu/kerorine/n/n6ae7c120bf79)

みなと祭花火大会を目の前に見られる割に、あまり公になっていない穴場スポットのため、かなりおすすめです!

地元の人でも知る人ぞ知るスポットなので、調べて行く価値ありますよ♪

 

住所:愛知県名古屋市港区港町1−9

 

8.ガーデンふ頭3号岸壁

ガーデンふ頭3号岸壁は、花火大会開催日の17:00〜順番に場所取りを行うことができます。

そのため、場所取りは早い者順となるため、できるだけ早めに現地に到着するよう計画してお出掛けするようにしてくださいね♪

 

住所:名古屋市港区港町1番3号

 

9.ガーデン埠頭2号岸壁

ガーデン埠頭2合岸壁、3号岸壁は、みなと祭花火大会を楽しむために訪れる方も多い人気スポットとなっています。

そのため、遠方からお越しの場合でも16:00までには現地到着されることをおすすめします。

早めに到着すればするほど、とても良いスポットで夜空に大きく打ち上がり、キラキラ輝く花火を楽しむことができますよ♪

また、打ち上げ花火を楽しみながら大音量のメロディー花火まで楽しめるスポットです♪

 

住所:名古屋市港区港町1番3号

 

10.本宮公園

(引用元:http://www.first-hm.co.jp/spot/863131.html)

公園の中にレジャーシートを敷いてゆっくりと花火を楽しめるスポットです。

花火が打ち上がる方向に視界を遮るような、木々のないベストポジションで観覧してくださいね♪

 

住所:愛知県名古屋市港区本宮新町

 

11.一州町交差点と築三町交差点の間

みなと祭で打ち上げられる花火との距離感が近く、ダイナミックな花火を目に焼き付け楽しむことができますよ♪

 

住所:愛知県名古屋市港区一州町⇔ 愛知県名古屋市港区築三町3丁目

 

12.東名古屋港駅の西側

打ち上げ会場から直線距離としてはかなり近いので、十分に迫力ある花火を楽しめると思いますよ。

 

住所:愛知県名古屋市港区大江町

 

13.名古屋港ワイルドフラワーガーデン付近

ちょっと離れているので迫力には欠けるかもしれませんが、打ち上げ会場のほぼ真正面ですし、観覧車の夜景と花火とのコラボを楽しめのは贅沢ですよ!

 

住所:愛知県名古屋市港区潮見町42

 

14.荒子川公園

(引用元:https://guruguru.nagoya/arakogawa-park-sakura)

荒子川公園は、夏になると木々が深緑に色付き、とても爽やかな雰囲気が漂います。

公園の敷地面積も広いため、グラウンドや広場にレジャーシートを広げて打ち上がる迫力まんてんの花火を楽しむことができます。

特に、荒子川公園のフェニックスアイランドは視界が広く、より一層きれいな花火を見ることができますよ♪

 

住所:愛知県名古屋市港区寛政町4丁目

 

15.イオンモール名古屋みなと店

(引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/)

混雑を避けながらも高台からみなと祭りの花火を楽しめる穴場スポットとしておすすめなのがイオンモール名古屋みなと店です。

ここは、あえて花火大会の日に限って場所を提供してうれるだけではなく、屋上広場で屋台を楽しめるなど、お祭りムードを味わうことができます♪

イオンモールでお買い物した後など、ファミリーにも人気の穴場スポットですよ。

 

住所:愛知県名古屋市港区遠若町2丁目60−8

 

16.カインズ名古屋みなと店

(引用元:http://blog.livedoor.jp/hirogotocoffee/archives/1838843.html)

イオンみなと店と同じく、屋上でみなと祭りの花火大会を楽しむことができる「カインズ名古屋みなと店」もおすすめです♪

イオンみなと店よりも花火大会の会場に近いため、迫力ある花火鑑賞を行うことができます。

とは言え、こちらは屋台などがなく、花火をまったり楽しめる穴場スポットですね。

 

住所:愛知県名古屋市港区一州町1−3

 

17.中之島川緑地

(引用元:https://www.homemate-research-park.com/dtl/00000000000000337642/)

中之島川緑地は横長い公園です。「緑地」ということもあり樹木が生い茂っています。場所によっては花火がよく見える、見えないところがあります。

 

住所:愛知県名古屋市港区築三町2丁目79

 

18.中川本町5丁目周辺

中川本町5丁目周辺は、広々とした空間が多い場所のため、視界も良く、花火をたっぷりと楽しむことができます。

とても落ち着いた雰囲気が、カップルにも人気のスポットとなっています♪

 

住所:愛知県名古屋市港区中川本町5丁目

 

19.昭和橋

昭和橋は、少し遠目に花火を楽しめる少しオトナな雰囲気を醸し出している穴場スポットだと言えます。

 

住所:愛知県名古屋市中川区昭和橋通6丁目

 

20.港陽公園

メイン会場からは少し距離のある立地に立っていますが、港陽公園もおすすめです。

公園はとても空いているので、混雑を避けて花火を楽しみたい方は、ぜひ港陽公園を利用されてみてはいかがでしょうか?

 

住所:愛知県名古屋市港区港陽2丁目4

 

名古屋みなと祭花火大会で混雑する場所は?

(引用元:https://westwest10.exblog.jp/14232791/)

名古屋みなと祭花火大会は、毎年30万人以上もの人が訪れるため、大変な混雑を見せます。

また、屋台が600店舗近く出店されるため、お祭りの規模としてはかなり大きいことがわかります。

この屋台は名古屋港から築地口駅に向かって出店されるため、特に屋台が並ぶ通りは人・人・人で混雑しています。

 

そのため、屋台はないけれど格段に空いていて花火をじっくりと楽しめる穴場スポットを選ぶのもおすすめですよ♪

少しでも混雑していないスポットを見つけて花火を楽しめると良いですね!

 

まとめ

名古屋みなと祭花火大会の詳細や穴場スポットについてご紹介しました。

とても人気の花火大会ともあって、毎年大勢の方が訪れています。

この記事を参考に、混雑を避けてたっぷりと花火を楽しめる穴場スポットをチェックし、事前にしっかりと計画を立てておくようにしましょう♪

そうすることで花火を心ゆくまで楽しめること間違いありません。

今年の名古屋みなと祭花火大会が楽しみですね!

 

《こちらの記事もおすすめです!》

闇営業芸人は13人以外に他にもいる!次の謹慎処分は誰?!噂の人物まとめ!

2019.06.27

闇営業の税金はこんなにかかる!芸人全員が脱税の可能性も!?

2019.06.14

カブトムシが採れるキャンプ場in東海おすすめ9選!

2019.05.31

【カブトムシが採れる場所】愛知県の人気スポット17選!

2019.05.26

Sponsored Link