「九月の恋と出会うまで」新感覚!ラブストーリー×SFの大作




2019年3月1日に公開された映画「九月の恋と出会うまで」。

テレビではCMや、俳優さんのPRでご存知の方も多いと思います。

今回の映画は単なるラブストーリーではなく、SFを絡めたミステリー仕立ての映画です。

そして『書店員が選んだ恋愛小説第1位』に選ばれた小説が原作になっています。

人気の作品を、主人公演じる高橋一生と川口春奈で切なく演じあげた本作品。

今回は話題の映画「九月の恋に出会うまで」の感想や見どころを紹介します。

 

あなたは不思議な現象を解明できる?

まずこの映画「九月の恋に出あるまで」は、不思議な事ばかりが起こる映画と、いう印象を受けます。

しかしこれだけ不自然な現象が目白押しなのに、すべてが「SF」で片付けられることができる、作者の技法が素晴らしいです。

そしてそれは、この映画の脚本にもそのまま引き継がれています。

 

主人公シオリ(川口春奈)は、当時住んでいたマンションの更新に少し尻込みしていました。

気が乗らない更新、しかし引っ越しは面倒くさい・・・と言う状況で、買い物に行ったある日、ぬいぐるみから【声】が聞こえるのです。

その【声】は、しきりにシオリに引っ越しをすすめるもの。

思い切って【声】に従うことにしたシオリは、ぬいぐるみを購入して引っ越しを決意するのです。

まず、この冒頭から不思議な現象が出現しましたね。

ぬいぐるみが話す、という唐突な現象はドラマ「世にも奇妙な物語」的なオープニングのように感じます。

 

引き続き現れる怪現象から隣人と出会うことに

引っ越し先のマンションを無事決まったシオリ。

しかしそのマンションもとっても変わっていました。

大家さんの入居審査に行ったシオリでしたが「芸術活動をしている人しか入居を認めない」という決まりがあったのです。

シオリはカメラが趣味なので、そのことを強引にアピールしてみます。

ギリギリOKということで、なんとか引っ越し先が決まったシオリでしたが・・・。

このシーンもちょっと変わっていると言えば変わっているような感じです。

芸術を愛する=物静かな人、という人を求めている、ということなのでしょうか?

しかしなんの解明もないまま「ああ、そうなんですか」とでもいうように、物語はそのルールを流して進んでしまうところも不思議な感じがしました。

 

そしてシオリの隣人が、小説家のタマゴのヒラノ(高橋一生)。

ヒラノとシオリのこの出会いと【恋】が、映画の主軸となって進んでいくのです。

 

一番の「不思議」は壁から聞こえる声!

シオリが引っ越し先の部屋で過ごしていると、壁から不思議な【声】が聞こえて着ました。

その声は「あなたは1年後の未来に気をつけなければいけない」というもの。

【声】に最初は驚いたシオリでしたが、隣人のヒラノに相談してみようと思うのです。

ヒラノはその声が「タイムパラドクスでは?」と答えます。

 

つまり1年後に気をつけなければいけないのは、【シオリ】だということなのです。

1年後にシオリが気をつけなければいけないことは、100歩譲って理解できますが、なぜそれが【壁】から聞こえるのかが謎です。

 

しかし、この突拍子の無い『声』の出現に、そんなに視聴者も驚かないのです。

それは最初にぬいぐるみが話す声が、シオリに届いたという伏線です。

もしかしたらシオリは、そういう不思議な現象を受信する体質なのかもしれませんね。

そしてラストに、たたみかけるように起こるロマンスと謎の解明!

そのストーリーの展開の巧みさに、感嘆の声が聞こえるほどの仕上がりになっていた映画でした。

 

草野翔吾の作品から結末の内容を予想してみる

映画「九月の恋と出会うまで」は、原作は松尾由美さんの作品です。

松尾由美さんの原作は今回の作品同様SF系のものが多く、そして作品に共通して言えるのは「切ない恋物語」ということ。

松尾由美さんの作品で、切ない気持ちになりたい時にオススメの作品は「雨恋」と、本作の「九月の恋と出会うまで」と言われています。

 

そしてそれほどまでに【切ない恋物語】としてオススメされる今回の映画「九月の恋と出会うまで」が、脚本家・草野翔吾氏によってどんな展開や雰囲気を見せてくれるのか?

そこがこの映画の見どころにもなっています。

草野翔吾氏の脚本の特徴としては「言葉ではなく【感じとる】感動」と、いうシーンが印象的です。

今回の映画「九月の恋と出会うまで」では、【未来の声】が誰なのか、なぜ志織が九月に恋に落ちはじめたのか、そしてラストは?という意味深い結末をむかえます。

 

この映画のテーマは「運命の人が僕じゃなくても、僕はあなたを守りたい」と、いう平野のセリフです。

脚本家が草野翔吾氏ということ、そしてこのテーマが本作のラストに大きく関係していそうですよね。

 

予想してみると、【未来の声】は、おそらく志織と心を通わせる平野だと思います。

そして志織を愛した平野は1年前に戻り、【未来の声】として志織に危機を教えたのではないでしょうか?

1年後に危機をなんとか乗り越えて、ハッピーエンド、という結末も考えられます。

 

ここでひとつ疑問が生まれます。

それは、平野がどうして【未来の声】をだせるようになったのだろうか?と、いうことです。

平野が超能力者であったり、宇宙人であったなら納得もできる話です。

でも、そのどれでもなかったら?

志織に1年後の危機を知らせるために、平野は何を代償にしたのでしょうか?

そう想像すると、今回の映画「九月の恋と出会うまで」のラストそのものが、平野からの志織への【告白】になりますよね。

 

まとめ

今回は3月1日に公開される映画「九月の恋と出会うまで」のあらすじとラストの予想を紹介しました。

壁の中の人物・シラノと、実在する隣人・ヒラノという2人の男性を同時に愛してしまうシオリ。

その揺れ動く心情も映画の切なさに繋がっていきますし、ラストのハラハラする展開にもドキドキしてしまいます。

映画が公開された3月は、出会いと別れの季節。

素敵な男女が織りなすSFチックなこの恋愛映画は、見ごたえたっぷりの映画になっています!

平野は志織を助けることができるのでしょうか?

 

「片思いだから・・・」や「自分に自信がないから」と心の距離がなかなか縮まらない平野と志織。

そんな奥手な2人の恋だからこそ『純粋で美しい』恋物語になりそうですよね。

ラストの予想は当たっているでしょうか?

とにかく切ない涙を流したくなったとき、この映画「九月の恋と出会うまで」はオススメできる作品です。

Sponsored Link